良質節約生活 100万円/1年

「旧:高円寺ららぁ」は「せとちよ」に改名いたしました。

50歳にして初めてのメガネ購入。老眼だと思いきや、なんと近視が進んでいた。

f:id:setochiyo1970:20210321154345j:plain

 私は老眼というものをあまりよく知らず、最近目が見えづらくなったので老眼になってきたのだとばかり思っていました。ですが年齢を重ねて目が見えづらくなったからといって必ずしも「老眼鏡」を買う必要があるわけではないと自分自身の体験で知りました。

老眼とはなに?

 老眼とは、加齢とともに手元の小さなものが見えづらくなる症状のことです。 その原因は歳を重ねるにつれて、目の中でレンズの役割を果たす「水晶体」が硬くなり、ピント調節を行う筋肉(毛様体筋)の力が弱くなるからだと言われています。 加齢にともない足腰や腕の筋肉が弱まるのと同じように、老眼は加齢にともなう老化現象の一つなのです。

老眼って治るの?

 老眼は、歳を重ねると起こる老化現象ですから治すことも食い止めることもできません。ですがインターネットなどで調べると、目の筋肉を鍛える「目の体操」をすることで老化を遅らせる「老眼予防」をすることができる人もいるようでうす。

 どちらにせよ、体の老化を止めることはできませんから、老眼にならない人というのはいません。歳を重ねるごとに老眼は進んでゆき、「治る」ということはないようです。

自分は老眼にならない人だと思っていた

 私は夫の会社の健康診断で毎年視力検査をしているのですが、左目の視力が0.4、右目の視力が1.0だったので目は悪くないほうだと思っていました。

 ですが、50歳を過ぎる頃になると急に駅の発車時刻の電光掲示版が見えにくくなり、「もしかしてこれって老眼?」と思うようになったのです。

 実際には老眼とは近くが良く見えなくなることなので、この症状は老眼ではないのですが、物を知らない私は「きっとこれが老眼なのだ。」と、眼鏡屋さんに行くことをやっと考え始めたのでした。

メガネをかけると裸眼の視力が悪くなるという噂

 遠くは見えにくくなったものの、本を読んだりするときには特にまだ困っていないので眼鏡屋さんに行くかどうかはすごく悩みました。眼鏡を使い始めると急激に裸眼の視力が悪くなるという噂を聞いたことがあったからです。

 眼鏡をかけることで目が良く見えるようになるのはうれしいことですが、裸眼の視力が下がるのはいやだという考えのもと、眼鏡屋さんに行くのを嫌がっていたのです。

 ですが、眼鏡屋さんに行って眼の状態を調べてもらってから、メガネを購入するかどうか決めても遅くはないと、やっと重い腰を上げて眼鏡屋さんに行くことにしたのです。

老眼鏡を買うつもりが近視の眼鏡を買うことに

 眼鏡屋さんに行って、まず聞かれたのは、遠くにピントを合わせる眼鏡を買うか、近くにピントを合わせる眼鏡を買うかということでした。

 私はメガネを買うのが生まれて初めてだったのでなんのことやらよく分からず、本を読むにはまだ困っていないこと、今一番困っていることは駅ですごく近寄らないと発車時刻の電光掲示版が見えないということ、などを説明しました。

 そして一般的な「C」のどちら側が空いているの検査や、ひらがなや図形のどちらが鮮明にみえるかなどの検査を行って、私は老眼でもあるけれど近視も進んでいることが分かりました。

 店員さんは、「この機械は視力検査用の機械ではないので正確な数値は測れませんが…」という前置きとともに視力検査をしてくれました。

 健康診断の視力検査では、

左目の視力が0.4、右目の視力が1.0

だと言われていた私の視力が、眼鏡屋さんで測定すると

左目の視力が0.1、右目の視力が0.7

だったのです。

 どちらの測定値が正しいのかは私には分かりませんが、眼鏡屋さんが調べてくれた視力(近視)に合わせた眼鏡のレンズで少し周囲を見渡すと、ものすごくよく見える(´;ω;`)ウゥゥ

 メガネをかけるとあまりに周りがシャープにきれいに見えるので、逆にメガネをはずすと世界がすごくぼやけて見える…ああ、私ってこんなに目が悪かったんだ…とがっかりすると同時に、メガネをかけるとこんなに世界がきれいに見えるんだという喜びがありました。

 老眼は近くが見えにくくなる症状なわけですが、私は近視が進んで遠くが見えにくくなっていたので「老眼と近視が相殺」されて、私はまだ老眼鏡が必要な領域には達していないというのが店員さんの説明でした。

近視の人が老眼になると

 近視の人が老眼になると、遠くを見るのと近くを見るののピントが相殺されるらしく、私の場合は、その相殺のおかげで近くが見えにくいという症状が出ていなかったようです。

 まだ、本を読む時につらいと感じたことがなかったので、私はまだまだ老眼ではないとばかり思っていました。まさか進んでしまった近視と老眼が相殺されてるなんて、素人ではわからない話ですよね。

近視なので裸眼と老眼鏡を使い分けています

 結局、私は老眼でもあり、近視も進んでいると分かったので、外出していろいろな掲示物を見なければならない時だけ眼鏡をかけ、家で本を読んだり、パソコンを見たりするときは裸眼でという、使い分けをすることにしました。
 そして、メガネを1本だけ買いました。

安い眼鏡屋さんの眼鏡の値段

 昔はメガネといえば、数万円もする高いものだという印象がありましたが、現在はJINS(ジンズ)やZoff(ゾフ)といった安い眼鏡屋さんもあるのでとても助かります。

 私の近視用の眼鏡のお値段はZoff(ゾフ)で1本8600円でした。昔に比べたらずいぶん安くなりましたね。

まとめ

 50歳を過ぎると目や耳や筋肉やらが弱ってきて、あちこちに不具合が生じているのに、当の本人は気づいていないことも少なくありません。

 少し気になり始めても、まだ大丈夫だとか、インターネットなどで我流で調べて、きっとこの病気や症状に違いないと、とんちんかんで的外れな決めつけをしてしまったりしがちです。

 それも脳の老化で判断力が鈍り、頑固になるからかもしれませんが、柔軟な心と、人のアドバイスを受け入れる気持ちを持って、自分の体の老化に合った矯正器具を身に着け、人様にかける心配や迷惑を少しでも減らしたいものですね。

★応援クリックしていただけるとうれしいです★

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ

【PR:9e0】