良質節約生活 100万円/1年

50代専業主婦のシニアブログ。節約や日常の知恵について発信しています。

ABCクッキングスタジオの体験談・メリットとデメリット・ABCクッキングスクールは評判が悪い?

 

 ABCクッキングスタジオの口コミをネットで探していると、体験レッスンしか行ったことのない人のレビューが一番最初に出てきたりして良いレビューがなかったので、2年間通った私がレビューを書いてみようと思いました。

ABCクッキングスクールのコース

 ABCクッキングスタジオのコースは大まかに言えば基礎クラスと中級・上級クラスに分かれており、基礎クラスを終わらせないと次のクラスに進めない仕組みになっています。

クッキングコース

  • 基礎クラス
  • バリエーションクラス

ブレッドコース

  • 基礎クラス
  • マスタークラス
  • リッシュクラス

ケーキコース

  • 基礎クラス
  • マスタークラス

ABCクッキングスクールの料金

 ABCクッキングスタジオの料金は回数制になっており6回、12回、24回、36回などの回数ごとに料金を払う仕組みです。料金はコースごとに違いますが、だいたい1回のレッスンが4500円から5000円程度だと考えれば妥当だと思います。
 クッキングコース、ブレッドコース、ケーキコースともに12回の基礎コースを終わらせないと次のコースに進めない仕組みになっています。

料理教室の先生を目指せるライセンス

 ABCクッキングスタジオの基礎コースとマスターコースを修了すると、ABCクッキングスタジオで講師ができたり、自宅で料理教室を開業できる「ライセンス」を取得するチャンスを手に入れることができます。

 受講料とは別にライセンス取得料15万円を支払い、試験に合格することでこのライセンスを取得することができます。このライセンスを取得するとABCクッキングスタジオの先生になることができたり、ABCクッキングスタジオのメソッドを利用して自宅で料理教室を開業したりすることができます。

◆ライセンス取得の必要要件

  • マスターコースを修了している
  • 15万円のライセンス料を支払う
  • 試験に合格する

ABCクッキングスタジオの勧誘

 ABCクッキングスタジオでは500円のワンコインレッスンで来店の糸口を作っています。500円と言えばABCさんの側から見れば人件費も出ず、下手をすれば材料費も出ない格安で破格なレッスン料金です。これで勧誘を受けずに済むはずがありません。ですから、勧誘があることは覚悟していくことをおすすめします。

 スタッフによって勧誘の強い弱いはあるのかもしれませんが、私は興味が持てれば入会する前提で500円レッスンに行ったので、勧誘が強引だというふうには感じませんでした。

 ただ、最初からけっこうな金額のコースを紹介されたので、まだ最初なので10万円くらいから始めたいと話し、料金の妥協点を話し合い、折り合いのついたところで契約をしました。

ABCクッキングスタジオ体験記

 ABCクッキングスタジオに到着すると、まずカードリーダーに会員カードを通し「ジャーナル」と呼ばれるレシートのような紙をプリントアウトします。そこに自分の名前や受講回数、今日のレッスンのテーブルナンバーなどが書いてあります。そのジャーナルを名札代わりに胸元に付けてレッスンを受けます。

 手洗いを済ませ席に着くと、料理の材料と作り方の書いた紙を渡されて、それを見ながら作り方の説明を受けます。作業が始まると紙が邪魔になってくるので、作り方の紙は片づけて、先生の指示で作っていくこととなります。

 ABCクッキングスクールでは2時間で全ての工程を終わらせるため、計量を終わらせてラップにくるんだ材料を使います。特にケーキは計量から始めていては、とてつもない時間がかかるので、ほとんどの材料が計量済みです。卵にいたっては、割って溶いたたまごを裏ごししたものが用意してあり、生徒さんは測るだけでよいという状態。

 自宅で作るには必ず必要な「計量」の作業をはしょるので、かなりの時間を短縮して料理をつくることができます。

ABCクッキングスタジオに通うメリット

 ここでは、私はABCクッキングスクールに通って良かったと思う点を書いてみたいと思います。

インスタ映えするデザインの料理が作れる

f:id:setochiyo1970:20210411095408j:plain

マロンとチョコのパン

f:id:setochiyo1970:20210411095427j:plain

いちごメロンパン

f:id:setochiyo1970:20210411095506j:plain

生地から作る2色ピザパン

f:id:setochiyo1970:20210411095446j:plain

いちごモンブラン

 私は料理は問題なく作れるので、ABCクッキングスタジオのブレッドコース12回とケーキコース6回に申し込みました。

 これらの写真は私がABCクッキングスタジオで作ったパンやケーキの一部です。どれもデザイン性に富んでいてインスタ映えするようなデザインばかりです。

 インスタやフェイスブックに投稿するにはとても「映える」見栄えに仕上がり、実際教室に通っている生徒さんの多くが出来上がった料理の写真を撮っているのが現実です。

失敗なく楽しく作れる

 自宅で作るには難しい成形をするパン作りなどでも、先生がついて見ていてくれるので、失敗なく安心して作ることができました。

 パンやケーキの形作りに戸惑っていたりしても、お手本を見せてくれたり、細かいコツを教えてくれたり、手伝ってくれたりするので、失敗するということがありません。

 まれにシュークリームなどで、シューの皮が膨らまなかったなどの失敗はあるそうですが、あきらかな失敗があった場合は再レッスンしてくれるそうなので安心です。

自宅では作れないような手の込んだ料理が作れる

 自宅で作るには、4~5時間かかってしまうような手の込んだ料理が2時間で作れてしまうので、珍しい料理や、インスタ映えするケーキなどを作りたい方にはぴったりの料理教室だと思います。

 特に、パンやケーキの成形は、本や動画で見るだけでは分からない「きれいに作るコツ」のようなものがあって、それらを教えてもらえたのは非常に良かったと思います。

ABCクッキングスタジオの先生になれる

 上記で簡単に触れたABCクッキングスタジオの「ライセンス」を取得すると、ABCクッキングスタジオの講師になることができます。

 私が習った先生でも、実際にABCクッキングスタジオの生徒さんから先生になったという方も多くいらっしゃいました。もともとの職業がパン屋だったり、ケーキ屋さんだったり、主婦だったりした方がABCクッキングスタジオの生徒になったことをきっかけにABCクッキングスタジオの講師になったりしているようです。

 また、ABCクッキングスタジオの講師だけでなく、自宅で料理教室を開催する権利も「ライセンス」取得と同時に得ることができます。

 私が教わった先生の中には「将来、独立して自宅で料理教室を開きたいから、今は修行のためにABCクッキングスタジオで講師をしている。」という方もいらっしゃいました。

 確かに、ライセンスを取ってすぐに講師経験もなく自宅開業するというのは無理があるので、「生徒⇒ライセンス取得⇒ABCで講師⇒自宅開業」という流れが妥当なのかもしれません。

ABCクッキングスタジオのデメリット

 私がABCクッキングスタジオのデメリットだと感じたことを書いてみたいと思います。

和気あいあいという雰囲気ではない

 料理教室といったら生徒さんや先生で楽しく会話をしながら、和気あいあいと楽しく料理するものだと思っていました。ですが、過去にトラブルがあったのか、先生と生徒、生徒同士での個人的な付き合いは禁止されていて、授業中に和気あいあいとした会話があるということはありませんでした。

 みなさんが作業に追われていておしゃべりする暇がないというのもありますが、パンの発酵の待ち時間などでも生徒さんどうして会話するということもなく、発酵の待ち時間もみなさんスマホで時間つぶしをしていました。

材料が手に入りにくい

 ABCクッキングスタジオでは、いわゆる「映え」を意識した料理が多く、材料もスーパーなどでは手に入りにくい凝ったものも多く、材料の種類自体も多いので自宅で材料をそろえるのはかなり大変だと思います。

 例えば、クッキングコースだと伊勢えびを使ったり、パンコースではなかなか売っていないいちごピューレを使ったりと、手に入りにくい食材が使われていることも少なくありません。また、手に入れなければいけない食材の種類が多いわりに、使う量は少ないので、買ったとしても余らせてしまうおそれがあります。

 ABCクッキングスタジオでは一括で仕入れてしまえばすむ材料でも、個人で一つずつ買いそろえるとなるとなかなか材料がそろわないのが現実かもしれません。

 ABCクッキングスタジオの通販部門でキットを販売している商品もありますが、少々割高ではあります。

クッキングコースはほとんど調理しない

 クッキングコースを契約する方は、料理が上手くなりたくて契約するのかもしれません。ですが、ABCクッキングスクールでは2時間で調理を終わらせなければいけないので、計量済みの材料を5人くらいで手分けして切ったり混ぜたりします。

 ですから、材料の計量の仕方の練習もできませんし、1人1人の調理の持ち時間も非常に短く、調理の訓練にはなりません。どちらかと言えば、ある程度料理のできる人が、もっと見栄えのいい料理を作れるように指導してくれる教室だと考えたほうが良いでしょう。

 ABCクッキングスクールのクッキングコースは、その作業の少なさから考えると、料理の訓練や練習をする場ではなく、料理の手順を習う場だと考えたほうがよさそうです。

料理を楽しめるが料理上手にはならない

 教室で料理を作っているときは先生が見ていてくれるので、うまく作れますが、自宅でもう一度作ろうとすると、細かな手順を忘れていたり、微妙なさじ加減が間違っていたりで、同じものが作れない場合があります。

 お金をとっている以上は、みんなに喜ばれる「映え」のする料理を作らなければというABCさんの意気込みはすばらしいのですが、映えを意識するあまり、材料も多く手順も複雑な料理が多いのがデメリットでもあります。

 これは上記の再現性の問題とも関係してくるのですが、家庭料理のように手軽にパパっと作れる料理を教えてくれるわけではないので、教室で料理を作っている間は楽しいのですが、自宅に帰ってもう一回同じものを作るかどうかはむつかしいところです。

 また、卵なども割って溶いた状態のものが用意してあるので、卵を割るといった作業を練習したい人には不向きです。

 そういった意味ではABCクッキングスタジオは、珍しい料理作りを楽しむ教室ではあっても、普段家庭で食べる家庭料理を学ぶ場ではない気がします。

まとめ

 私自身は10万円強の契約をし、18回のコースを終わらせましたが、自宅では作れないような手の込んだパンやケーキを作れてとても楽しかったです。

 レジャー、娯楽として習いに行くには楽しい教室ですが、「普段作りのパパっと料理」を教えてくれるわけではないということは肝に銘じて契約を考えることをお勧めします。

にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ

【PR】