良質節約生活 100万円/1年

50代専業主婦のシニアブログ。節約や日常の知恵について発信しています。

旦那・彼氏にヒゲ脱毛の誕生日プレゼント。髭脱毛(途中経過の)ビフォーアフター写真付き

 

朝の髭剃り時間の節約のためヒゲ脱毛

 昨年の夫の誕生日に夫に「ひげ脱毛6回」をプレゼントしました。というのも、夫は朝がとても苦手で、いつもバタバタと支度をしてはヒゲも雑に剃って出かけていっていました。

 夫はひげが濃いだけでなく、ほっぺた、首の下の方まで広範囲にひげが広がっているタイプです。ですから、朝ゆっくり丁寧に髭剃りする余裕のない夫は、いつも剃り残しがあり、首の下のほうから2㎝くらいの剃り残しのひげがチョロリと出ている有様でした。

 私はそれが気になって仕方がなかったので誕生日プレゼントに「ひげ脱毛」を選んだのです。

ヒゲ脱毛は一回では終わらない

f:id:setochiyo1970:20220228210613j:plain

 この図のように、ヒゲに限らず体毛には毛周期(もうしゅうき)というものがあります。毛根で毛が生まれ、自然と毛根を離れ抜けていく、というサイクルを繰り返しているのが体毛です。

 医療レーザー脱毛は、機械が黒い色素に反応し、毛をレーザーで焼き切るという仕組みなのですが、その際に一緒に毛根まで焼き切ってしまうので、一生毛が生えて来なくなるという仕組みなのです。

 問題なのは、この図のように毛が埋まっている状態の毛根から、毛が抜けている状態の毛根までが、同時に皮膚の上には存在しているということなのです。

 ですから、一度のレーザー照射で成長前期と成長後期の毛根は焼き切ることができますが、そうでなかった毛根は、次に成長前期や成長後期が来るまで待つ必要があります。そして、後退期や休止期だった毛が成長前期や成長後期になったら、またレーザーで焼き切るということを繰り返して、完全に毛のない状態にしていくのです。

 そのためには、1~2カ月に一度クリニックに通い、毛を成長させては毛根ごと焼ききり、毛を成長させては毛根ごと焼ききるということを繰り返さないといけないのです。

ヒゲが白髪になると医療レーザー脱毛はできなくなる

 上記の通り、医療レーザー脱毛は体毛の黒い色素を焼き切ると同時に毛根も焼き切るので、ヒゲが白髪になってしまうとレーザーが反応せず、医療レーザー脱毛ができなくなってしまいます。

 ヒゲが白髪になってしまった場合は、毛穴に直接針を刺して毛根を焼き切る「針脱毛」しか永久脱毛をする手段がなくなってしまいます。こちらの針脱毛は名前の通り、痛い上、時間もかかり費用もかかるので効率よく安価に脱毛するというわけにはいきません。ですから、ヒゲ脱毛をお考えの方は、ヒゲが白髪になる前に決断することをおすすめします。

結局、ヒゲ脱毛は何回で終わるの?

 何回で全ての毛がなくなるかは、その人のひげの濃さ、強さなどによって変わってきます。また、痛みが怖くて出力を下げてレーザーを当てていると、回数が多くなったりするようです。

 私がクリニックで聞いた話では、平均的に男性の毛が全てなくなる回数は18回だそうです。ですから、今年も夫の誕生日にはヒゲ脱毛をプレゼントする予定です。

エステの安いレーザー脱毛でも効果があるの?

 エステの脱毛は、光脱毛、フラッシュ脱毛といい、クリニックで行っている医療レーザー脱毛とは別物です。

 一般的に脱毛サロンでの光脱毛、フラッシュ脱毛は医療従事者が施術する必要がないくらい出力が弱いので、永久脱毛ではないと言われています。一時的には効果があり、毛はなくなりますが、出力が弱いため、また毛が生え始めてくると言われています。

 それと比較すると、美容整形外科などで行っている「医療レーザー脱毛」は皮膚科の医師がカウンセリングを行い、看護師が施術をするくらい、出力が強いので永久的な脱毛ができます。

 さらに、出力が強くてもクリニックには皮膚科の医師が必ずいるので、脱毛で肌トラブルが起こった際に、すぐに医師や看護師が対処してくれるのが、心強いところです。

男性ヒゲ脱毛の料金

 脱毛サロンは医療機関ではなくエステに近い存在なので、営業トークとして、初回0円、初回980円などとうたっていますが、実際には営業をかけられ数十万のコースを進められることも少なくありません。

 また、脱毛サロンで実際にかなり格安に脱毛できたとしても、脱毛サロンの脱毛は永久脱毛ではないので再び毛が生えてきます。それで、また脱毛を繰り返さなければいけなくなるなら、長い目で見たら損だと言えます。

 それに比べて、美容整形外科のヒゲ脱毛はホームページに値段が書いてあったら、その通りの値段で施術してくれるので、明朗会計で安心できます。

 我が家は、私自身のワキ脱毛、顔脱毛も、夫のヒゲ脱毛も「湘南美容外科」で行っています。

上口ヒゲ・あご・あご下のヒゲ脱毛料金

f:id:setochiyo1970:20220228204711j:plain

  • 1回 9,980円
  • 3回 20,160円
  • 6回 30,350円

もみあげ周囲・頬(ほほ)のひげ脱毛の料金

f:id:setochiyo1970:20220228204728j:plain

  • 1回 8,650円
  • 3回 20,160円
  • 6回 30,350円

首のヒゲ脱毛の料金

f:id:setochiyo1970:20220228204738j:plain

  • 1回 6,180円
  • 3回 17,730円
  • 6回 29,280円

2022年2月現在での「湘南美容外科」でのヒゲ脱毛の価格は上記の通りです。

男性ヒゲ脱毛の痛みについて

 夫は初回のヒゲ脱毛で「痛すぎて次は絶対麻酔をする!」と言っていました。ですが、麻酔をするには1回の脱毛につき、別料金で3000円かかってしまいます。

 それもあってか、夫は2回目の脱毛ではあれだけ希望していた麻酔を受けなかったそうです。ですが、1回目の脱毛でずいぶんヒゲが減っていたようで、痛みは前ほどではなかったそう。ですから、夫はその後も麻酔をかけて脱毛をすることはしませんでした。

 夫に痛いかどうか聞いてみましたが、初回はとても痛かったけれど、2回目以降は我慢できないほどの痛みではなかったとのことでした。3回目以降になってくると毛もだいぶ減ったようで、あまり痛くないとも言っていました。

 下の写真で見ていただければ分かる通り、夫のヒゲはかなり太いので熱が多く伝わって痛かったのではないかと思います。ですが、ヒゲが減っていくにつれて、熱の伝わる箇所も減り、痛さも軽減していったのだと思います。

 女性の私が顔脱毛した時は全く痛くなかったので、やはり、体毛の太さや多さで痛みも違ってくるのだと思います。

夫のヒゲ脱毛のビフォーアフター

※まだ施術回数が途中なのでヒゲがまだらですが、失敗したというわけではありません。これから施術を続ければ全てのヒゲを脱毛することができます。

f:id:setochiyo1970:20220228214741j:plain

f:id:setochiyo1970:20220301104810j:plain

 夫のひげは剃ってもすぐに、ゴマのようにヒゲが伸びてきてしまっていました。6回の施術が終わった段階でこのくらいヒゲが薄くなってきています。

f:id:setochiyo1970:20220228214756j:plain

f:id:setochiyo1970:20220301104859j:plain

  あご下もずいぶん下の方までヒゲがあり、あご下脱毛だけでは範囲が足りず首脱毛も、後から追加しました。あご下は6回施術済み、首は3回施術済みでこのくらいきれいになっています。

f:id:setochiyo1970:20220228214818j:plain

f:id:setochiyo1970:20220301113617j:plain

 ご覧のとおり、のどぼとけのあたりまでヒゲがあるほど、広範囲にヒゲがあるので、剃り残しができやすかったです。首はまだ3回しか施術していませんが、かなりきれいになっています。

f:id:setochiyo1970:20220228214839j:plain

f:id:setochiyo1970:20220301105045j:plain

  写真を拡大していただければ分かるのですが、夫はホホにもヒゲがあり、かなり高い位置までヒゲがあります。右頬のひげは3回に施術でほとんどなくなりました。

f:id:setochiyo1970:20220228214852j:plain

f:id:setochiyo1970:20220301105122j:plain

  ホホのヒゲが鼻の高さまであるのが、写真を拡大していただければ分かると思います。左頬も3回の施術でほとんどヒゲがなくなりました。

夫のヒゲ脱毛の感想

 夫のヒゲ脱毛の感想としては、やって良かったとのことです。理由は、髭剃りが今までより格段に楽になったからだそうです。今はまだ施術途中で髭剃りがまだ必要ですが、ヒゲが全て無くなって髭剃りが必要なくなれば外出の際の準備も楽になるので、とても良かったと言っています。

まとめ

 費用が高いからと、夫がしぶっていたヒゲ脱毛。私が誕生日プレゼントとしてヒゲ脱毛を契約したことで、夫は髭剃りが楽になってとても喜んでくれています。今年の誕生日プレゼントもヒゲ脱毛です。施術を重ねて、早く髭剃りをしなくてもヒゲが生えて来なくなるようになってほしいものです。

★応援クリックしていただけるとうれしいです★

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ

【PR】