良質節約生活 100万円/1年

50代、虚弱体質・料理好きの節約シニア主婦ブログ

Haunt Me/Sade*ホーント・ミー/シャーデー■和訳・意味・歌詞・日本語・解説・Japanese Lyrics

 

www.youtube.com

ホーント・ミー(日本語)

夢の中では
どうか
離れないで
いつも
あなたの息づかいを感じているの
まるでそよ風のようだわ

これまで私を疑ったことがあったかしら
もし助けがほしいなら
二度と疑ったりしないで

もし眠りたければ
静かにしてるわ
天使のように
そして
あなたの安らかな魂のように
知ってれば良かったのにね
私のような友達がいるってことを

これまで私を疑ったことがあったかしら
もし助けがほしいなら
二度と疑ったりしないで

Haunt Me(英語)

Haunt me
In my dreams
If you please
Your breath is with me now and always
It's like a breeze

So should you ever doubt me
If it's help that you need
Never dare to doubt me

And if you want to sleep
I'll be quiet
Like an angel
As quiet as your soul could be
If you only knew
You had a friend like me

So should you ever doubt me
If it's help that you need
Never dare to doubt me

ホーント・ミーとは

「ホーント・ミー/Haunt Me」は、イギリスのバンド「シャーデー/Sade」の3枚目のアルバム「ストロンガ・ザン・プライド/Stronger Than Pride」からシングルカットされた曲です。アルバムの5番目、最後のシングルカットとしてイギリスのみでリリースされました。

 アメリカの「ニューヨークタイムス/The New York Times」の「ステファン・ホールデン/Stephen Holden は、「Haunt Me」を次のように説明しています。

「シエスタの枕から漂ってくるような、優しく、ほとんど禁欲的な献身的告白」クラシックギター、ピアノ、ストリングスの美しいアレンジをバックに歌われるシャーデーの曲は、無条件の愛を捧げている。『もしあなたが眠たくなったら/私は静かにしていよう/天使のように/あなたの魂がそうなれるように/もしあなたが/私のような友達がいると知ってさえいれば』と。」

 アメリカのテレビ要約情報サイト「バルチャー/Vulture」の「フランク・グァン/Frank Guan」は、ホーント・ミーとシャーデーを以下のように解説しています。

「ピアノ、ギター、憧れ、そしてサックス・ソロで締めくくられるこの楽曲は、とても成長した編曲で歌われた。シャーデーの楽曲の半分がこのクオリティの曲を超えるということがどれだけ信じられないことか、時間をかけて実感してほしい。」

 アメリカのウィキペディアで調べたところ、「ストロンガー・ザン・プライド」の他のシングルカットの楽曲ように、ヒットチャートに入ったという情報は得られませんでした。ですが、音楽評論家から高い評価を受けている楽曲なので、是非聞いてみてください。

【アルバム情報】

setochiyo-style.com

★応援クリックしていただけるとうれしいです★

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ にほんブログ村 音楽ブログ 歌詞・フレーズへ

【PR】